障害年金ヘルプデスク

お問い合わせ

医療・福祉施設 ソーシャルワーカーの皆様へ

広島市西部地区MSW勉強会にて講師をお引き受けしました。

■平成29年3月17日(金)19:00~20:30

■広島市佐伯区 原田病院 にて  

■約20名様

■内容

・代謝疾患の認定基準改正
・精神障害にかかる等級判定ガイドライン

それぞれの手続改正の趣旨をから汲み取るべきメッセージは何なのか、そして手続の実行援助の場面で何がどんな風に変化することが見込まれるのか、この二点の切り口から障害年金手続をご説明いたしました。

質疑応答の場面では、日常の相談業務で出くわした課題、そしてそれらをどのように克服したらいいのか、といった技術的なアドバイスも求められました。

WIN_20170317_191416.JPG

広島県大竹市の地域家族会交流会・研修会の講師をお引き受けしました。

■平成29年3月4日(土)13:30~16:00

■大竹市 老人保健施設 ゆうゆ にて  

■約30名様

■内容

・社会保障制度の中での障害年金の位置づけ
・基本的な障害年金請求の流れ及び事例
・昨年9月施行の認定ガイドライン

特にガイドラインについては、「新たなハードル」という視点で捉えるのではなく、初回請求でのポイントと捉え、丁寧な手続への取組方のひとつとなることについて事例を交えて踏み込んだ解説をいたしました。

また、支給停止後の症状悪化による「支給停止事由消滅届」、受給中に症状が悪化した際の「額改定請求」、審査のやり直しを求める「不服申し立て」についてもご説明いたしました。

WIN_20170304_180257.JPG

20170304_134026_resized.jpg

講師がやや体調不良でしたこと、ご容赦ください。

NPO法人高次脳機能障害サポートネットひろしま様のHPで紹介されました!

8月8日に行われた 広島県ソーシャルワーカー協会様向け研修会の様子が、NPO法人高次脳機能障害サポートネットひろしま様のホームページで紹介されました!

 

今回の研修会は、「とりあえずこの研修を受けたら、障害年金の援助経験のないワーカーさんでも相談を受けることができるようになる」ということを指標にしていました。

 

・・・喋る方は責任重大です。(汗)

 

構成もひと捻りふた捻り考え、出席される方から事前に頂いたご質問に対する答えを、事例解説の中にちりばめるなどの工夫を行いました。

 

高次脳機能障害についても事前に触れて欲しいテーマのひとつと伺っていましたので、会員が関与した事例をお伝えすることで、情報共有が図れたものと考えております。今年6月からは、失語症等の認定基準、診断書も変更になっており、実務上重要な部分も情報提供できる良い機会となりました。

 

高次脳機能障害は一見してそれと分かる病気ではありません。また、日常生活の大変さが伝わりにくいことや障害状態の出現の仕方も人それぞれであることが特徴です。

 

つまり、障害年金を請求する実務上、国に、患者さんの障害状態を上手く伝えるためにどのようなことをしたら良いのか、援助者にも悩まれる方が多いというのが現状です。

 

高次脳機能障害は理解ある専門家による生活支援(就労含め)等を受け、障害年金の受給で経済的不安を極力軽くし、社会復帰に向けて取り組まれる事が理想的であると考えます。

 

今後、様々な形で支援の和を繋げて行けるといいな、とも感じました。

広島県ソーシャルワーカー協会様向け研修会の講師をお引き受けしました。

■平成27年8月8日(土) 13:00~17:00

■広島  逓信病院 にて  

■42名様

■SWいまさら聞けないシリーズ!「障害年金の基礎~応用を学ぼう」

ご依頼を頂き、社会保障制度における障害年金制度の位置づけ、

障害年金請求支援の基礎~実務に関する解説を事例を交えてお伝えしました。

11830158_506220002858540_1402022348_n.jpg898992_506210762859464_1932969731_o.jpg

広島市安佐南区ケアマネジャー様向け研修会をお引き受けしました。

■平成27年6月17日(水) 14:30~15:30

■82名様

介護保険第2号被保険者と障害年金について

 

介護保険第2号被保険者が要介護認定を受ける前提である特定疾患と、

障害年金受給の原因となる疾患との関連について、ケアマネ実務を

踏まえて分かりやすく講義を行いました。

 

アンケートについて、3段階評価で平均2.71点という、高評価を頂きました。

 

1  2