障害年金ヘルプデスク

お問い合わせ

平成29年5月勉強会開催報告

以下のとおり勉強会を開催いたしました。

   

日時:平成29年5月20日(土) 13:30~15:00

会場:障害年金ヘルプデスク本部(広島市)

ケース①知的障害とてんかん発作が併存した事例

ケース②強迫性障害で2級認定後、不服申し立てに移行した事例

今回取り上げたケースに共通するのは「精神疾患の病態証明」です。

   

   

ケース①における初診日は、知的障害を20歳前傷病の障害基礎年金、てんかん発作を障害厚生年金として【別疾病との認定】を求め請求を行いました。結果的にはこの主張をなぞり、知的障害3級相当のため不支給、てんかんは2級の決定を受けています。念のため不支給であった件につき認定調書を参照したところ、「診断書と申立書の労働・日常生活状況に齟齬あり」と「活動能力考慮」との診査部署の記載がありました。関与した社労士曰く「齟齬部分はどこを指しているのか不明」とのことでしたが、申立書の申告内容についてどのよな視点で確認しているのか(診断書との不整合)について知ることができ、申告内容には慎重さが求められることをあらためて知る機会となった。

   

   

ケース②は、診断書では医学的所見多く、かつ、日常生活状況が全て「できない」と証明されていながらも医療機関未受診期間が長期であることを指摘され2級認定。現在審査請求中のケースです。本人未受診期間中に再三家族代理受診がありながら、 断続的な未受診期間(長くても2年程)を「本人都合」と判定されています。審査請求においては、昨年9月施行のガイドラインで明記された「引きこもりについては、精神障害の病状の影響により、継続して日常生活に制限が生じている場合は、それを考慮する。」「通院や薬物治療が困難又は不可能である場合は、その理由や他の治療の有無及びその内容を考慮する。」の部分を用い、病状がそうさせているのであって、診断書発行医師が障害状態1級相当を証明しながら、請求者に責任があること求めての下位等級決定は容認できない旨を主張しています。

   

   

WIN_20170520_144753.JPG

平成29年3月度勉強会開催報告

以下のとおり勉強会を開催いたしました。

日時:平成29年3月18日(日) 13:30~15:00

会場:障害年金ヘルプデスク本部(広島市)

ケース①大腸がん不支給に対する不服申し立て

ケース②胸椎黄色靭帯骨化症及び膀胱直腸障害の再請求

今回取り上げたケースに共通するのは「汲んで欲しい事情を明確にすること」です。

ケース①は、障害認定日請求を本請求とし予備的に事後重症を行い、事後重症請求のみ認定されたものです。認定日請求は3級不該当とされ、審査請求を行ったものです。結果、審査請求において、障害認定日時点における労働能力喪失状況を提出済み書類により丹念に主張し容認されました。患者さんにとって汲み取られるべき「労務不能の事情」が何であるか、この論点を明確にしたことによるものと考えられます。

ケース②は、障害が複数の部位に存在する患者さんが自力請求し否認された件につき、再請求する際に会員社会保険労務士が関与したものです。自力請求の状況を確認したところ、本来、診断書を二点提出すべきところ一点しか提出されていませんでした。患者さんの全身を総合的に捉えると労働に制限が加えられる状況にあるか、この点を証明するため、診断書二点を医師に依頼したこと及び、それぞれの部位がどのような後遺症を残しているのかを詳細に申し立てることで、認定を受けることが出来たものです。

3.18 勉強会写真20170318_142853_resized.jpg

平成29年5月 勉強会開催のご案内

当NPO法人会員の資質向上・技術付与を目的として、定例で勉強会を開催しています。またこの勉強会は、一般の方向けにも公開しております。

会員社会保険労務士によるケーススタディ式の勉強会に参加希望の方は、事前にメール又はお電話にてご予約ください。

 

【次回開催予定】

〇日時:平成29年5月20日(土) 13:30~14:30

〇会場:広島市中区八丁堀3-1幟会館2F 当会総合管理事務所にて

〇テーマ:不服申し立て関与事例(予定)

〇講師:調整中

〇参加費:資料代としてお一人500円(賛助会員の方は無料)

傍聴ご希望の方は、先着5名様までお受けできます。

平成29年3月 勉強会開催のご案内

当NPO法人会員の資質向上・技術付与を目的として、定例で勉強会を開催しています。またこの勉強会は、一般の方向けにも公開しております。

会員社会保険労務士によるケーススタディ式の勉強会に参加希望の方は、事前にメール又はお電話にてご予約ください。

 

【次回開催予定】

〇日時:平成29年3月18日(土) 13:30~14:30

〇会場:広島市中区八丁堀3-1幟会館2F 当会総合管理事務所にて

〇テーマ:

糖尿病の請求事例(予定)

〇講師:調整中

〇参加費:資料代としてお一人500円(賛助会員の方は無料)

傍聴ご希望の方は、先着5名様までお受けできます。

ELL75_yousyohondana20120620.jpg

平成28年11月度勉強会開催報告

以下のとおり勉強会を開催いたしました。

日時:平成28年11月20日(日) 13:30~15:00

会場:障害年金ヘルプデスク本部(広島市)

テーマ:「社会的治癒」による障害年金請求上の初診日の考え方

今回取り上げたケースの特徴は次のとおりです。

・転院の都度、診断名が変更していた

・一番初めにかかった医療機関には、受診した記録が残っていなかった

・治療を一旦終了すると告げられ、受診そのものが途絶えた期間が数年あった

・受診を再開した時に「再発」と告げられた

▼社会保険制度特有の傷病経過の捉え方に、「社会的治癒」というものがあります。社会的治癒とは、治療を受けておらず、予防的意味合いでの受診はありこそすれ、その間、他の社会保険被保険者と同様の仕事をこなし日常生活にも支障がなかった状態を、病気が収束しているものとして扱う法理です。どのくらいの期間受診が途絶えていたら、という基準めいたものはありません。手続上はあくまでも個別判断されます。もともとの受診開始時期と再発診断時期とを比較して、加入する年金制度が異なること、保険料納付要件の状態、最低保証されている病態であるかなどを考慮した上で、請求者自らが主張しなければこの法理の当てはめはありません。再発前後で医学的に結びつきのあることが大前提ですが、受診が途絶えた期間中、他の方と同様に社会保険料を負担していたこと等を考慮したものです。請求する人にとって、より有利な制度の選択肢があるのではないか、という幅を拡げるために用いられる考え方です。

NPO_20161120_.JPGのサムネイル画像

【重要なお知らせ】

今後の勉強会は隔月開催とし、事例を2件以上共有するスタイルに変更します。参加を希望される医療ソーシャルワーカー様、を初めとした患者さんを援助される皆様は、サイト上でご案内する開催日程を参考にお申込みください。

1  2