障害年金ヘルプデスク

お問い合わせ

平成28年9月度障害年金勉強会開催報告

以下のとおり勉強会を開催いたしました。

日時:平成28年9月18日(日) 13:30~15:00

会場:障害年金ヘルプデスク本部(広島市)

テーマ:「事後重症請求により受給権確定後」の障害認定日請求

 

この事例での患者さんは、

・自力で事後重症請求を済まされ、2級認定を受けた。

・知人に障害年金の件を話す機会があり、その時初めて「障害認定日請求」のことを認識した。

このような経過をたどり、会員社会保険労務士に「今からでも認定日請求ができるのか?」と相談されました。

 

▼自力請求される場合、請求する制度により年金事務所か市区町村役場、又は共済組合に最初の相談をされます。そして相談先の説明と案内に従って書類を整えることになります。相談機関の窓口で認定日請求の説明を受けていないことは考えにくいです。おそらく患者さんご自身が認定日請求できることを正しく認識できず、手続を踏んだものと会員社会保険労務士は捉えました。

 

▼結果的には障害認定日請求が認定され、遡って受給権を得ることが出来ました。社会位保険労務士が手続きに関与し行政との間に入ったことで、患者さんにとって最も適正な状態で受給権が得られたものです。

 勉強会写真20160918_142811_resized.jpg

平成28年8月度障害年金勉強会開催報告

以下のとおり勉強会を開催いたしました。

日時:平成28年8月20日(土) 13:30~15:00

会場:障害年金ヘルプデスク本部(広島市)

テーマ:「不安神経症の既往歴がある患者さん」の請求事例

 

この事例での患者さんは、

・離婚により生じたパニック発作で、平成22年

から一年間、精神科に通院

・平成24年、介護疲れから別のクリニックにて

「うつ病」との診断を受ける。

・平成24年から治療を受けているクリニックで

証明された診断名は、うつ病・パニック障害。

このような経過をたどり、障害年金を請求します。

   

▼請求時に提出した診断書には、(患者さんが申告した)平成22年から一年間の受診記録が記載されていたため、病歴・就労状況等申立書も同様の記載を行い手続を踏みましたが、保険者は、前医に確認をとることなく、平成24年の受診を初診日と認定し、障害基礎年金が決定しました。

   

▼関係資料を参照しながら、他の請求事例においてもこの初診日認定の捉え方を当てはめることが出来ないか、会員で検討を行いました。

TAKEBE055122916_TP_V.jpg